歯磨きコラム

子供を持つ親にとって子供の歯磨きに対してかける労力は意外と大きいと思いますが、自分で歯磨きがしっかりできるようになるまでには親のサポートも必要で、何と言っても虫歯になると後が大変です。
最近はかなり効果が高い子供用の歯磨き粉なども誕生していて、大人用の歯磨き粉と違って苦味などが弱いことから積極的に使用している親御さんもいるかと思いますが、中にはこれが正しいと思い込んで間違った子供の歯磨きをしてしまっている場合もあります。
歯磨きをすることの目的は虫歯にならないことが第一の前提としてありますが、それ以外にも歯磨きをすることで歯茎を強くすることによって将来的な歯槽膿漏のリスクを低減させることや磨き方によっては歯並びをきれいにする効果などもあります。
子供の歯磨きをする場合は大人とは違う子供の口内事情をしっかり把握した上での歯磨きをする必要がありますが、どれくらいの年齢から始めるかということやどれくらいまでの年齢に親のサポートなどが必要かということなどもあわせて気になるところだと思います。
子供の歯や歯茎は大人が思う以上に敏感で弱いので磨き方によっては反対にダメージを与えてしまって口内環境に悪影響を与えてしまう可能性もあるので注意する必要があります。
歯ブラシの種類にもいろいろあるのでどの歯ブラシを購入して使用すればいいのかということも気になる部分だと思いますが、間違った歯ブラシ選びをしてしまわないようにするためにも歯ブラシによって違う効果などをきちんと理解しておく必要があります。
子供の歯磨きをする時間帯なども虫歯のリスクに関わってくる部分になるのでタイミングについても把握しておくことやライフスタイルにあわせて歯磨きをすることなども必要です。
また、歯医者に行くとさまざまな子供の歯磨きに対してのアドバイスを貰うことができるので不安がある場合や虫歯が多く見られる場合は医師の指導を受けるという対策もあります。

歯磨きコラム記事一覧

子供の歯磨きをしていても虫歯になることがある

子供の歯磨きは虫歯予防や歯の健康を守るという意味でも大切なことですが、乳歯の間にしっかり歯磨きをして環境を良くすることができたかどうかが将来的に歯の健康を損なうことに対するリスクの低減にも繋がってきます。子供の歯磨きをしても虫歯になることはありますが、これは歯磨きの問題だけでなく子供の体質にも影響す...

≫続きを読む

 

大人が口をつけたご飯は食べさせない

虫歯になるのは虫歯菌という細菌が口内で繁殖して歯に影響を与えることによって起こる症状ですが、元々虫歯菌は口内の中に存在しておらず、親の口から子供の口に侵入することが多いと言われています。特に大人が口をつけたご飯を子供が食べることにより、食べ物を媒介して子供に虫歯菌を運んでしまっていることが少なくなく...

≫続きを読む

 

食生活の見直し

子供の歯磨きをする際に虫歯にならないようにするためには食生活の見直しというのもポイントになってきますが、乱れた食生活を送っていると虫歯のリスクを高めることになるので注意が必要です。食生活がどのように虫歯に関わってくるのかという点については特に糖質が多い食事をしていると虫歯になるリスクを高めると言われ...

≫続きを読む

 

虫歯になった場合の対応

子供の歯磨きを入念に行っていても虫歯になってしまう場合もありますが、子供の歯磨きがしっかりできていないという理由だけでなく体質的に虫歯になりやすい子供もいるので、子供の歯磨きができてなかったと自分を責めるのではなくしっかり虫歯の治療を進めて行きましょう。虫歯を治療するためには歯医者に通って治療をする...

≫続きを読む